家出アプリ掲示板で人を家に泊めた話

  • 投稿日:
  • by
世の中には、様々な理由で家出する女の子がいます。理由は、冷静に考えれば大した内容ではないことが多いのですが、家に居たくないと言って家出する子が多いのです。ですが、所詮その場の思い付きですので、宿代があるわけでもありません。最初は友人宅を頼ったりもできますが、いつまでもというわけにはいかず、万策尽きた子が家出アプリに書き込みます。 最近、家出掲示板で捕まえたのが18歳の少女でした。やはり、若い娘は良いものです。できる限り若い娘を常に抱きたいと考えています。20代の頃はもちろんでしたが、30代になっても極力若い子が良いのは変わりません。自分でも対象年齢が上がるかと思っていたのでビックリです。この日は、久しぶりに家出アプリ掲示板で若い娘を楽しめるということで意気揚々と回収地点に向かいました。 実際に会ってみると、女子校生にも見える感じで、ロリ好きの自分には、彼女が最高のご馳走になると心の中で歓喜していました。外見はクラスで一番モテそうな子です。こんな子がこれから見ず知らずの男の家に泊まり、体を差し出すと思うとそれだけで勃起します。 人違いでないことを確認し、早速、自分の車に乗せました。何か買うべきものがあるか尋ねました。お腹が空いたということで、ファミレスに連れて行ってご馳走しました。 お代? 払いましたよ、もちろん、私が。その分は後で、体で払ってもらいますから。 ホテルには連れ込まず、自宅に連れ込みました。さて、では早速宿代(夕食・朝食付き)を頂くことにしましょう。 家出掲示板の女性をベットに構わず押し倒します。せめてシャワーをという少女を無視して、脱がしにかかります。一発やらせろとばかりに、シャツのボタンをすべて外し、ズボンもパンツも脱がせました。可愛い顔に似合わず、秘所の方は密林でした。 それがまた興奮を誘い、家出アプリ掲示板の彼女の股間に頭を突っ込んでオマンコを舐めまわしました。足を必死に閉じようとして頭を足で挟んだり、手で払いどけようとしたり抵抗する姿も良かった。抵抗すればするほど、盛り上がるのに、必死になっています。こっちはすでに戦闘準備が整っています。カチカチのチンコが、早く入れろと言っています。 目の前の少女が餌食になる時が来ました。彼女の股をこじ開け、正常位で生のチンコを彼女の体内に突入させました。泣きそうな彼女に、「時間はたっぷりあるから楽しもうね。」と声を掛けて、腰を振りました。呻くような喘ぎ声で喘いでくれ、心地よい喘ぎ声と体同士がぶつかる音で部屋は満たされました。 そろそろということで、家出アプリ掲示板で中出しを宣告!急に抵抗が激しくなるも、体重をかけて覆い被さり、子宮口に亀頭を密着させるイメージで、一番奥まで突き入れて射精しました。チンコを抜くと精液が垂れてきました。 その後、一晩中家出アプリ掲示板の彼女に中出しを続けました。翌朝、朝飯を与えて街中にリリースしました。